Just another WordPress site


それまで使用していたスキンケア用品が「急に肌に合わなくなった」ということはありませんか?

季節の変わり目だったり、仕事や人間関係のストレスが増えたり、年齢を重ねたりといった理由で、敏感肌や乾燥肌になってしまい、急に肌に合わなくなるということは、実は多くの人が経験していることです。

そんなとき、無添加化粧品という言葉が頭に浮かびませんか?

無添加化粧品というと、敏感肌や乾燥肌にも使える肌に優しい化粧品というイメージがありますよね。

でも、「実際にはどんな成分が配合されているのか?」、「使ったらどんな効果があるのか?」って、分からないですよね?

そこで今回は、「無添加化粧品を購入する際にここを押さえておくべき!」という○つのポイントをご紹介します。

無添加化粧品とは?

無添加化粧品とは、添加物が旧指定表示成分が入っていない化粧品、あるいは100%自然の成分だけで作られた化粧品です。

世の中の多くの化粧品は、色々な添加物が配合されてできています。

例えば、

・防腐剤
・石油系界面活性剤
・合成香料
・紫外線吸収剤
・収斂剤(しゅうれんざい)

などの成分です。

この他にも、ナノ化物質や合成ポリマー、合成着色料などもあります。

1970年代に化粧品による多くの肌トラブルが発生したことを受け、1980年に厚生省(現:厚生労働省)が薬事法を制定しました。

この法律により、アレルギーや皮膚炎などといった症状が出やすい102種類の成分を「表示指定成分」と定め、これらを化粧品に明記することをメーカーに義務付けました。

※その後、2001年に法律はさらに改定され、化粧品に配合されている全ての成分を明記することになったため、表示指定成分は「旧表示指定成分」と呼ばれるようになっています。

1980年に薬事法が登場したことで、肌に良くない成分(表示指定成分)を使用しない化粧品が誕生しました。

これが無添加化粧品のはじまりです。

薬事法にもとづいた肌に負担の少ない化粧品が作られたため、大きな肌トラブルは大幅に減りました。

ですが、成分が減ったことでマイナスになった点もあるのです。

次の項目で様々な成分と肌への安全の関係についてお話します。

肌への安全性
どんな肌質の人が使用しているのか
効果はどれくらいあるのか
無添加化粧品の選び方、比較の仕方

ブログ

驚きの浸透力♪「ブルークレールのローズエステリッチローション」 

※画像は公式HPより 何の化粧水を使っても、刺激が気になるセンシティブな肌質の方に朗報です。 「ブルークレール …

冬でもしっとり肌♪AMRITARA(アムリターラ) ホワイトバーチモイストウォーター

寒い季節になるとお肌に粉をふいてしまう、という悩みをもつ方に「AMRITARA(アムリターラ) ホワイトバーチ …

化粧のりが違う!「ピュアノーブル・マザーウッドシリーズ/シルクローション」

自分に合う化粧水を探し続けている方に、「ピュアノーブル・マザーウッドシリーズ/シルクローション」をおすすめしま …

植物成分に浸る♪「オラクル/クラリファイング・トナー」

  ※画像は公式HPより 「オラクル/クラリファイング・トナー」ごご存知ですか? 荒れた肌に良質な植 …

国内生産の信頼と品質♪ジェイドブランのトライアルセット

肌のトラブル・悩みは年齢によっていくつも重なってしまうもの。 そこで乾燥肌・敏感肌・年齢肌のトリプルにその効果 …

PAGETOP